幹事さんのための居酒屋Information

居酒屋は集まるメンバーによって、料理の内容や飲み物など、事前に確認しなくても料理のメニューが豊富なので、その場で好きなものを注文できます。

TOP > スクラバー > 臭気を解決してくれるスクラバー

臭気を解決してくれるスクラバー目次

臭気を解決してくれるスクラバー

個人宅で大量の臭気などが発生する事はあまりないかもしれませんが、業務となればあります。

臭気をクリーンにしてくれるスクラバーは、臭気が出るいろんな分野で使われています。身近な所では飲食店など食品を扱う分野においてスクラバーは大切です。

他にも、塗料やインクを扱う工場においてもスクラバーが活用されています。また、ゴミの処理施設などにおいてもスクラバーが利用されている事もあります。

臭気で悩んでいるという経営者がいれば、ぜひスクラバーを設置する事を考えてみてはどうでしょうか。

一度設置してしまうと、お手入れも楽で、周囲に気を遣う事もなく、安心して仕事に集中する事ができる事でしょう。

神戸市の循環式スクラバー製造会社について

神戸市に循環式スクラバー製造会社「株式会社アイエンス」があります。この会社の「バイオデオライザー」は水の膜なので、高い気液接触効率を誇り 、確実に臭いやホコリを捕捉します。

また、タンク内に高性能散気管「アクアブラスター」を搭載し、補足した有機物を生分解することで、循環水やスラッジの発生を抑制することができます。

また、接触材がカートリッジ式なので、メンテナンスも簡単です。年間のランニングコストも非常に安く抑えることができ、経済的です。

経営者の方々は、この環境に優しいスクラバーを購入して、効率的な仕事を行ってみてはいかがでしょうか。

スクラバーに関する記事

高さがあるスクラバー

中には大きく高さもあるスクラバーがあります。その様なスクラバーを設置するためには、天井の高さを考慮しないと中に入らない事もあるでしょう。

工場は天井が高く設計されている事が多いと思いますが、スクラバーを室内で使用する場合には場所がないと難しくなります。

設置するに当たり、通路の位置や広さなどについて確認しておかないといけないでしょう。また、工場内にスクラバーを搬入する際の事についても考えておかないといけないでしょう。

屋外にスクラバーを設置するのであれば、高さについてはあまり考えなくてもいい場合もありますが、その場合には横幅や奥行についてよく確認しておく様にしましょう。

スクラバーでは微粒子の除去も可能です

スクラバーとは化学工場や化学研究室及び実験室で排出された有害な物質を含む空気を浄化して大気中に排出するための装置です。

本来は湿式排ガス処理装置を指しますが、乾式、燃焼式といくつかの種類があります。

湿式スクラバーでは下から排ガスを通し、上からミストなどのかたちで溶媒と接触させ含有している有毒な粒子を除去します。

溶媒は酸性の排ガスにはアルカリの薬液を、アルカリの排ガスには酸性の薬液を使用し中和させたり、排ガス自体が水に溶けやすい場合は水処理で行うなどします。

乾式スクラバーでは活性炭などの吸着剤を充填した層に空気を通過させ有害物資を吸着、除去する仕組みで、高性能フィルターをしようすることで微粒子の除去も可能です。

スクラバーには屋外で使用する大型のものと屋内でも使用できる小型のものがあります。

画期的なシステムのスクラバー

通常、物を燃やして廃棄すると二酸化炭素や有毒ガスが大量に出て、大気汚染につながります。このような状況を避けるために開発されたのがスクラバーです。

排ガス処理装置ともよばれ、地球に優しいシステムです。

非常に便利で画期的なシステムですが、このスクラバー装置の使用には継続的なケアが欠かせません。様々な方法で洗浄をおこない、清潔に保っておく必要があります。

以前、ノルウェーで洗浄を怠ったためにバクテリアに感染し、死亡者まで出てしまう事態になりました。

長期的にスクラバー装置を使用するためにも、安全に使えるようにしていくことが大切です。

多くの企業に導入されるスクラバーのいい所

スクラバーは一体なぜ最近では多くの企業で取り入れられるようになってきているのでしょうか?設置が機械ということもありそこまで安いような機械ではありません。

それは最近の環境をよくしようという全体的な運動が大きく関わっています。工場で生産をする場合には、特に化学系のような場合には沢山の有害物質が出ています。もしスクラバーがなければそこで発生した煙やガスはそのまま外に出ることになります。それを続けていれば当然環境は悪くなる一方です。

そこでこのスクラバー機器を導入することによって少しでも有害な物質を排除した状態で外に出すことができるようになっているのです。

スクラバーの仕組みについて

スクラバーは大気汚染を防止するための装置のひとつです。工場などから排出されるばいじん粒子やガスを除去するために利用されています。

清浄塔とも呼ばれ、一般的なものは縦に長く筒状です。

大きく分けると、湿式洗浄と乾式洗浄という仕組みがあり、湿式洗浄では洗浄液を噴出させることにより、汚染物質の中和をします。

乾式洗浄ではフィルターや吸収剤を介することにより、有害物質を除去して清浄化します。

コスト面から比較すると、平均的に「乾式」のものが60万円程度、「湿式」タイプのものが70万円程度と、やや湿式タイプのほうが高額のようです。

スクラバーで空気をきれいに

スクラバーは、空気のスクラブ、浄化する装置のことです。小学校の理科の実験等で、汚れた水を濾過する装置をペットボトルや小石で手作りしたことがある人もいるのではないでしょうか。

汚れた空気を、不純物を中和する成分に通すことで毒素を抜いていく装置です。大気汚染への対策として用いられています。

工場や焼却処理施設等で生まれた汚染された空気も、そのまま大気に放たれる前に不純物や毒素を取り除いてから排出することができれば、大気を汚染せずに済みます。

環境への技術も日々進歩しています。環境問題という言葉がなくなる日も近いかもしれません。

スクラバーの仕組みの種類

スクラバーには2種類の仕組みがあります、1つは湿式という仕組みです。これは、装置の内部に酸性またはアルカリ性の洗浄液を注入し、大気中の汚染物質を中和し除去する仕組みです。もう1つは乾式という仕組みです。

これは、活性炭などの吸着剤やフィルターに排気を通過させ、悪臭の原因となる有害物質を吸着させる仕組みです。

湿式の仕組みの方がスクラバーの中では一般的な仕組みになっています。どちらも管理状態の悪い状態で使用すると、大気汚染の原因や近隣住民へ健康被害を起こす原因となってしまいます。

メンテナンスは定期的に行い、万全の状態で稼働できるようにしておくことが大切です。

スクラバーの原理と用途

スクラバーは工場などで排出されるガスに含まれるチリや有害なガスなどを取り除く装置です。また別名洗浄塔とも呼ばれ縦長の筒上の装置です。

スクラバーは工場だけでなく、企業や飲食店や様々な用途で導入及び使用されています。

商品の規模や機能も様々で、利用シーンや除去したい物質により適した装置を設置できます。

また、商品を導入する事によって、環境や近隣住民への影響を防げるだけでなく、工場やお店で働くスタッフの労働環境も改善されます。

限られた資源を後世に引き継ぐためにも、環境に対して意識的に取り組むのは非常に重要なことです。

スクラバーの概要を説明

スクラバーというと、聞き慣れない言葉ですが、快適な環境を守るための重要な装置の名称です。日本語で言うと「洗浄塔」といいます。

実験や化学工場、工業地帯などで発生する有毒ガスを集めて、除去し、きれいな空気にして排出する装置です。

発生した有毒ガスを排気風で一か所に集めて、排ガス洗浄装置で有毒な成分を取り除きます。

排ガス洗浄装置は有毒な成分を吸着し、ガスを水洗、薬剤中和処理をする役割をもっています。

大気汚染を防ぎ、きれいな空気を守るための重要な装置です。地球を守るためには、なくてはならない装置といえるでしょう。

メニュー

スクラバーについてのお問い合わせはここ。中華料理、会席料理、やきとり、ちくわのお問い合わせも受け付けています。

スクラバーや中華料理、会席料理、やきとり、ちくわの情報の今後増やしていきます。参考程度にしてください。

幹事さん必見情報

ちくわ

京都で会席料理

中華料理

やきとり

スクラバー