幹事さんのための居酒屋Information

居酒屋は集まるメンバーによって、料理の内容や飲み物など、事前に確認しなくても料理のメニューが豊富なので、その場で好きなものを注文できます。

TOP > スクラバー

スクラバー目次

スクラバーについて

スクラバーって言葉を知らない人も多く、私たちの生活の中でスクラバーを使用する事はきっとほとんどないかと思います。スクラバーという機械を見た事もないという人も多いのではないかと思います。

しかし、このスクラバーは、排ガスの処理を行ってくれる優れもので、工業などの幅広い分野において使用されています。

スクラバーが工場などから排出された排ガスを取り入れて、浄化し排出します。スクラバーがもしなければ、環境汚染などの問題が発生する事も考えられます。

スクラバーは美しい環境を保つという点において役立っています。地球環境を守るためにも、近隣の人達に迷惑をかけないためにも、業務に欠かせない物の一つとなっています。

スクラバーにもいろいろなものがあり、用途により機能のスペックも大きくことなり、同時に価格もいろいろです。

利用目的と用途にあったスクラバーを導入することで問題となることもありません。

また、スクラバーは大きな機械である場合もありますので、ランニングコストやメンテナンスにも十分配慮して導入を考えてみてください。

スクラバーの製造メーカーとして最近注目されているのが株式会社アイエンス。大手化学メーカーや大手製薬会社の工場などにスクラバーの導入実績あり。https://www.aience.co.jp

導入予定のスクラバーの特徴を把握

すでに導入予定のスクラバーをどれにするかという事についてある程度決定している場合には、他の物とはどの様に異なるのかという特徴を把握しておきたい所です。スクラバーの特徴は製品により異なる部分も多いと思われます。

どの様な臭気の分解を得意としているのかという事については特に重要であるかと思われます。

スクラバーの設置の流れなど詳しい事については、説明があるかと思われます。

これまでにスクラバーを扱った事がなく、初めて利用する場合には、詳しい事は分からない事もあるかと思われます。

しかし、スクラバーのメーカーの人に聞いたり、説明書に目を通すなどするとある程度の事は把握できるでしょう。

スクラバーに関する記事

スクラバーの性能を知る

これまでもスクラバーを使用してきたが、今回は新しいスクラバーと取り換えたいという事もあるかと思われます。その場合には、スクラバーの性能についてまずは把握する事が大切でしょう。これまで使ってきたスクラバーとは、何がどの様に異なるのかという事について把握しておきましょう。

スクラバーに対しては、少しでも効率がよく、お手入れがしやすく、またランニングコストが安い機械を求めている人も少なくない様です。

利用中の物を比較してみると、違いが分かりやすいでしょう。飲食店や工場などの現場にぴったりであるかどうか、よく検討してみましょう。

自社のニーズに合っているかどうかという事に考えてみましょう。

有毒ガスを排水処理するスクラバー

スクラバーとは、おもに化学工場で用いられる装置のことであり、排水処理によって有毒ガスを無害化し、大気に戻す働きを持っています。

化学工場でおこなわれている実験や化学分析などといった製造工程において、有毒ガスというものはどうしても出てしまいます。

この有毒ガスは酸性やアルカリ性の薬品によって生み出され、地球の環境や生物の体を脅かしています。

スクラバーとはこれら有毒ガスを装置下部から内部に集め、上部から投入された特殊な洗浄液によって有毒成分を取り除き、無害なガスへと変換して地球の大気にかえしているのです。

脱臭機能もあるスクラバー装置

スクラバーとは、化学工場で用いられる装置のことを指し、温式や乾式などの種類があり、なかには脱臭機能の付いた種類もあります。

このスクラバーは化学工場の化学実験などの製造工程によって排出された有毒ガスを、地球環境や人間を含む生物にとって無害なガスへと変換し、再び大気に戻す役割を担っています。

装置の下部より排出された有毒ガスをスクラバー内部に吸入し、装置の上部より水などを媒体とした洗浄液を投入することによって、洗浄液中の成分によって有毒ガスを無害なガスへと洗浄中和処理するのです。また有毒ガスの種類によって、温式や乾式などを使い分けて中和しています。

スクラバーの可能席は現場で活躍しています

環境汚染や人体への悪影響の恐れがあるということで、排気ガスが問題になることが多いです。排気ガスの中に含まれている有害な物質や粒子などは、スクラバーによって除去することが可能です。排ガス洗浄装置・除害装置とも呼ばれています。

スクラバーという呼び方が一般的ですが、湿式排ガス処理装置というのが本来の名称となります。湿式や乾式、燃焼式などの種類があります。

研究や実験用の排気設備に設備されているのは湿式、あるいは乾式の排ガス処理装置が多いです。スクラバーを搭載した可能席の機械は、各種の現場で重宝されています。

スクラバーの特徴と目的とは

スクラバーとは、CO2削減を目的に設置される、大気汚染防止装置の1つです。化学工場や実験室などから発生する排気ガスを除去するために用いられる装置で、有害ガスに吸着し、中和処理を施してから大気に放出するシステムです。

排気ガスから汚染物質を除去する方法としては、水などを吸収液として、排気ガス内の有害成分を液膜に集めて分離する湿式洗浄が多いといわれています。

ほかにも、吸収材などを注入しておこなう乾式洗浄や、吸収材が飽和した時点で交換される吸収塔、高い毒性を持つ元素を冷却する水銀除去などが挙げられます。

スクラバーの特徴について

スクラバーとは、二酸化炭素排出量の削減を目的に、製造された排気設備です。気体中に含まれる微粒子が、洗浄液によって補集されることによって除去される仕組みです。洗浄液に気流を通す溜水式のものや、微小液滴になった洗浄液を気流中に吹き付けるスプレー塔式のものなど、いくつかに分類されます。

産業を中心に幅広く開発され、作業環境を保つ意味で重宝されています。さらに、地球にやさしい環境づくりが叫ばれる中、現代の生活においてなくてはならない存在でもあります。

高性能のものはもちろん、コストパフォーマンスが高いものなども多数存在しています。

空気の浄化に役立つ、スクラバーとは

スクラバーとは有害な排ガスや細かな塵などを、集塵、脱臭、洗浄し空気を清浄にしてくれる装置です。飲食店や一般の工場、また化学薬品工場、実験室などで需要が多く、臭気や空気汚染による環境汚染など、周辺環境やそこで働く人たちの健康被害を防止する上でニーズがあります。

スクラバーはメーカーによってそれぞれ特徴がありますが、概ね排ガスなどの気流を取り込み、装置の中で、水などの洗浄液が循環しながら気流を浄化していくものです。

最終的な水の処分方法は、産業廃棄物として処理するものから、うすめて下水処理するものやタンクの中で水を浄化させるものなど様々です。

スクラバーが大切な理由とは

スクラバーとは、排気設備の一種であり、二酸化炭素排出量の削減を目的として製造されています。産業を中心に幅広く開発され、作業環境を保つ際にも重宝されています。

洗浄液を利用することで、気体の中にある微粒子を付着、または捕集し、除去する仕組みです。洗浄液に気流を通す溜水式のものや、微小液滴になった洗浄液を気流中に吹き付けるスプレー塔式のものなど、様々な種類に分類されています。

また、地球にやさしい環境づくりが重視される中、現代の生活においてなくてはならない存在でもあります。コストパフォーマンスに優れているものや、高性能のものなど、選択肢も幅広く存在しています。

現代に欠かせないスクラバーとは

二酸化炭素の排出量を抑えるため、製造された排気設備をスクラバーといいます。気体中に含まれる微粒子が、洗浄液によって補集されることによって除去される仕組みです。

洗浄液に気流を通す溜水式のものや、微小液滴になった洗浄液を気流中に吹き付けるスプレー塔式のものなど、さまざまな形式のものがあります。

地球にやさしい環境づくりが求められる中、現代の生活においてなくてはならない存在でもあります。

さらに、産業をメインに幅広く開発され、作業環境を維持するためにも大切にされています。さらに、コストパフォーマンスやクオリティも様々なものがあります。

水を使うスクラバーが増加している背景

最近では、ガスなどを利用しているスクラバーが劇的に減少し、水を使う形式へと変わっていきました。水を利用している背景には、工場内で火花が散るなどの問題が起きている場所で、スクラバーを導入できない問題があるからです。

ガスを利用している場合は、ちょっとした火花が入ってしまうだけで、実は火災の原因になります。これでは、工場の中で、火を使っているような場所では機械の設置が行えません。

しかし、水を利用しているタイプなら、火災が起きることが基本的になくなり、火花が起きているような現場でさえ空気をしっかり浄化できる効果が得られます。

スクラバーのよくある会話

太郎:こんにちわ。

満:こんにちは。太郎さん。

太郎:最近、新型のスクラバーは売れているの?

満:それが売れていないんですよ。新型はいいですけどね。

太郎:値段が高いからじゃないんですか?

満:そうでもないと思います。従来のスクラバーより少しだけ高いぐらいです。でも、性能はくらべものにならないくらいですよ。

太郎:そうだね。じゃあ、どういう方法で売っていくの?

満:そうですね。利便性やランニングコストをもう少し前面に押し出す予定です。

太郎:そっか。また、新しい提案書ができたたら見せてくれよ。

満:はい。わかりました。

太郎:スクラバーが必要なのは誰もわかっているが、その中身がどれくらい伝わるのか?それが大切だよ。

満:そうですね。常時運用時のスペックの比較といっても他社のスクラバーとは比較しにくいし。

太郎:そうだね。嘘はダメだから、よく考えてやってみたまえ。

満:はい。アドバイスありがとうございました。

スクラバーの展示会

展示会名称2017NEW環境展(N-EXPO 2017)
テーマ環境ビジネスの展開
後援環境省、国土交通省、経済産業省、文部科学省、
東京都、日本商工会議所、東京商工会議所、
一般社団法人廃棄物資源循環学会、在日ドイツ商工会議所、
大韓貿易投資振興公社、台湾貿易センター
主催日報ビジネス 株式会社
開催日2017年5月23日(火)~5月26日(金)
開催時間午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)
会場東京ビッグサイト 有明 東展示棟
所在地〒135-0063 東京都江東区有明三丁目10番地1号
行き方りんかい線
国際展示場駅下車徒歩約7分
●大崎駅(JR山手線)←13分→国際展示場駅←5分→新木場駅(JR、東京メトロ)
※大崎から新宿・大宮方面へJR埼京線相互直通運転
ゆりかもめ(新交通)
国際展示場正門駅下車徒歩約3分
●新橋駅(JR、東京メトロ・都営地下鉄)←22分→国際展示場正門駅
●豊洲駅(東京メトロ)←8分→国際展示場正門駅

2017洗浄総合展(PAN-EXHIBITION FOR WASH AND CLEAN 2017)

テーマ「洗浄が拓く、モノづくり日本」
主催公益社団法人日本洗浄技能開発協会、日本産業洗浄協議会、日刊工業新聞社
後援経済産業省、厚生労働省、環境省、東京都、日本貿易振興機構(ジェトロ)、製品評価技術基盤機構
開催日2017年11月29日(水)~12月1日(金)
開催時間10:00~17:00
会場東京ビッグサイト(東7・8ホール)
所在地〒135-0063 東京都江東区有明3丁目10−1 東京ビッグサイト東新展示棟
電話03-5530-1111
同時開催「2017国際ロボット展」
「2017部品供給装置展」
「モノづくりマッチングJapan2017」
「SAMPE JAPAN先端材料技術展2017」

メニュー

スクラバーについてのお問い合わせはここ。中華料理、会席料理、やきとり、ちくわのお問い合わせも受け付けています。

スクラバーや中華料理、会席料理、やきとり、ちくわの情報の今後増やしていきます。参考程度にしてください。

幹事さん必見情報

ちくわ

京都で会席料理

中華料理

やきとり

スクラバー